健康を維持するバランスのとれた食生活のルール

健康な食生活について

健康を維持するバランスのとれた食生活のルール
健康な食生活って若い時はあまり気にしないものですが、年をとってくると食べているものによって顕著に一日の気分にかかわるようになってきます。
まず自分が必要な栄養素がよくわからないと思うんですが、自分の生活にあった食生活こそが一番の健康な体をつくると思います。
自分は肉体労働をしていたときにベジタリアンになっていたのですが全然もちませんでした。
途中で体が自分の意思とは関係なく動かなたくなります。
そして頭脳労働に従事している間は今度は炭水化物をぬいたらまったく頭が動かなくなって困ったのでやむおえずご飯の量を増やしました。
脳は体の70パーセントのエネルギーを使っているらしく、それはおもに糖質がつかわれているそうなので糖は絶対とらなくてはいけません。

ですから肉体労働もしてないのにたいして肉などの資質はとる必要はありませんからおもに炭水化物と野菜を中心に食生活をした方が余計な脂質をためることなく健康的でスリムな体を維持することができます。
しかしたんぱく質をぬきすぎると、体は筋肉を分解して体に必要なたんぱく質を得ようとするのでどんどん筋肉が衰えてしまいます。
なのでたんぱく質も捕獲するために、魚、卵、豆類なんかを積極的にとるようにすると筋肉の衰えも未然に防げるでしょう。よって健康的な食事とゆうのは昔の武士のような食事が理想的だとゆうことになります。
しかしりは現代は頭脳労働が多くなってきているので、昔よりは炭水化物を少し多めにとってもいいと思います。

イチオシサイト

Copyright (C)2017健康を維持するバランスのとれた食生活のルール.All rights reserved.